整形外科

整形外科とは

整形外科は運動器、特に四肢の骨・関節・靭帯、腱や末梢神経などの外傷や疾患に対し装具や運動療法や投薬、注射などの保存療法または手術により治療する診療科です。
四肢の外傷、骨折に高い技術力で対応し、機能回復に努めています。また社会の高齢化に伴い変形性関節症、脊柱管狭窄症、関節リウマチ、骨粗鬆症などの慢性疾患が増加しており、少しでも症状が改善するよう日々の診療を行っております。

主な手術症例
人工関節置換術、人工骨頭挿入術、観血的骨接合術、靱帯再建術、経皮ピンニング、骨髄炎、ヘルニア摘出術、関節内骨折手術、鏡視下半月板切除術 
腱縫合術、神経縫合・移行術、断端形成術など
2009年手術実績:350件

当院整形外科の治療

骨折・外傷
骨折・外傷

交通事故・労働災害などに伴う一般外傷・骨折の手術は、できるだけ小さなキズで、専用の金属などで強固な内固定を行います。ギプス固定や安静期間を短縮することで、患者さんの身体や精神的、経済的負担を出来る限り少なくするように心がけています。

例:鎖骨骨折

当院では神経ブロックにてピンによる小切開(約0.5cm)の内固定手術を行っています。全身麻酔と比べ体に負担が少なく術後の安静期間が短い麻酔です。また保存療法より外固定期間が短縮でき、骨癒合後の変形も少なくて済みます。

関節リウマチ

関節リウマチ

関節リウマチとは、関節に炎症を起こす病気です。初発症状として、手や指の関節の「こわばり」や「腫れ」が起こります。

ほっておくと徐々に炎症が進行し、関節の軟骨や骨を破壊して変形が起こります。

最近の治療では、注射や点滴などで関節破壊を抑えることが出来るようになりました。当院では、患者さんの症状に合わせた治療方法を選択して行っています。

手や指の関節が多いですが、膝や股関節、足から発症することもあります。
しかしそれとは別に年齢による変形の痛みもありますので、ぜひリウマチ専門医への受診をお勧めします。

変形性膝関節症

変形性膝関節症

変形が進行し膝関節が破壊され、膝関節の痛み、歩行障害などが生じます。
膝関節の破壊が軽い場合は、杖や装具の使用、リハビリ、鎮痛剤の服用、関節内注射で症状が改善される場合があります。

膝関節の破壊が重度の場合は、それらの方法ではもはや症状が改善しないことが多く、その場合は手術をして痛みを改善します。

当院では変形の矯正骨切り術や人工膝関節置換術を行っています。

人工膝関節とは

人工膝関節は、生体材料(人間の体の中に入れてよいもの)であるコバルトクロム合金、チタン合金、超高分子ポリエチレンで作られています。
大腿骨、の破壊した関節面を切除して合金製の部品をはめ込みます。金属と金属が直接接触しないように金属と金属の間には超高分子ポリエチレンを挿入し、膝がなめらかに動くように工夫されています。膝蓋骨の関節面には超高分子ポリエチレンをはめ込みます。

人工膝関節図解

1:金属製の部品。
骨の代わりをする。骨の破壊部分を削って入れる。

2:超高分子ポリエチレン製の部品。
大腿骨と脛骨の金属面が直接接触しないようにし、関節軟骨のはたらきをするので、膝関節がなめらかに動く。


変形性股関節症

変形、外傷、先天性臼蓋形成不全などのため股関節が重度に破壊され、股関節の痛み、歩行障害などが生じます。
股関節の破壊が軽い場合は、杖の使用、リハビリ、鎮痛剤の服用、骨切り術などの手術で症状が改善される場合があります。
しかし、股関節の破壊が重度の場合は、それらの方法ではもはや症状が改善しないことが多く、当院では手術をして股関節を人工材料の関節で置き換える方法を行っています。

※人工股関節とは
人工股関節は、生体材料(人間の体の中に入れてよいもの)であるコバルトクロム合金、チタン合金、超高分子ポリエチレンで作られています。大腿骨の破壊した関節面を切除して合金製の部品をはめ込みます。
骨盤には、超高分子ポリエチレンを挿入し、股関節がなめらかに動くように工夫されています。
これらの材料は骨セメントで固定されます。

膝半月損傷

膝半月損傷

スポーツや交通事故などによる膝関節の外傷には、半月板損傷や靱帯損傷があります。また年齢による変性断裂により、膝関節部痛を自覚することもあります。

MRIにて診断後、損傷部を関節鏡にて確かめ、切除または縫合を行っています。

膝前十字靭帯損傷

膝前十字靭帯損傷

膝前十字靭帯は、膝の前方への動きや、ねじれを制動しています。
そのため、切れたまま放置していると、膝関節の異常な動きが残るため、後になって、軟骨の磨耗や、新たな半月板損傷をきたす可能性があります。

前十字靭帯は切れた端を縫い合わせても癒合しません。
そのため、手術(前十字靭帯再建術)は内視鏡を使用し、採取しても影響が少ない自分の腱、ふとももの内側から膝にかけて走るハムストリングを利用します(前十字靭帯再建術)。

骨のトンネルを作製し、採取した腱を膝関節内に移植し、金属のボタンや金具で固定します。
手術の傷は、ハムストリング使用の場合、4〜5cmの傷が一つと、5mm程度の傷が数ヶ所必要となります。

手術後の経過は翌日から松葉杖なくても歩くことができます。術後4ヶ月〜5ヶ月で小走り(ジョギング)可能、術後5ヶ月〜6ヶ月軽いダッシュ可能、術後6ヶ月から全力疾走、スポーツ可能になります。

骨粗鬆症
採血にて骨代謝マーカーの測定及びDEXA(dual-energy X-ray absorptiometry)にて骨密度測定を行い、適正な診断、治療を行います。
上肢のスポーツ障害
反復性肩関節脱臼
症状
ほとんどのものが外傷性の脱臼に続発しておこります。ラグビー、アメフト、柔道などのコンタクトスポーツやスキー、スノーボードで多く発症します。肩関節は一度脱臼を起こすとその後は脱臼しやすくなり、脱臼の回数を増すごとに軽微な外力でおこるようになり、スポーツ活動ばかりでなく寝返りのような日常動作でも脱臼が起こりやすくなります。脱臼する方向によりますが、前下方に脱臼する反復性肩関節脱臼では、外転・外旋する動作に不安感を持ち、肩関節前方の不安定感があり、同部に圧痛があることが多いです。
原因と病態
初回の肩関節脱臼の年齢が若いと反復性脱臼に移行しやすいと言われています。10歳代に初回脱臼したものは、80〜90%が再発するのに40歳代以降では再発が少なくなるのが普通です。肩関節は上腕骨と肩甲骨との間の関節で、関節包や関節唇という軟部組織にささえられています。肩関節が脱臼すると、多くの場合この軟部組織がはがれたり切れたりして、安静にしていてもこれがうまく治らないことが、反復性脱臼(脱臼ぐせ)になってゆく大きな原因です。
診断
X線(レントゲン)検査で脱臼していることを確認します(図1)。脱臼していないときには、脱臼の既往があり、前下方に脱臼する反復性肩関節脱臼では、外転・外旋する動作で不安感が増したり、肩関節前方の不安定感や圧痛 があることで診断可能です。X線検査では、肩の2方向撮影に加えて内旋位前後方向撮影などで骨頭の陥凹などをみたり、関節造影やCT、MRI検査などで関節唇の損傷の 程度を診断します。
肩関節脱臼/整復後
予防と治療
脱臼を整復すればとりあえずは普通に使えるようになりますが、その後も日常生活あるいはスポーツ活動において脱臼を繰り返し、そのために活動が制限されるようならば手術が必要です。手術は肩関節鏡視下にはがれた軟部組織を元の位置に縫いつける方法や、骨や腱で補強する方法などがあります。
野球肘
症状
成長期にボールを投げすぎることによって生じる肘の障害を野球肘といいます。投球時や投球後に肘が痛くなります。
原因と病態
繰り返す投球動作で、肘の外側で骨同士が衝突して骨・軟骨が剥がれたり痛んだりします。また、肘の内側では靱帯や骨・軟骨がいたみます。
診断
レントゲン検査や超音波検査(図2,3)、MRI撮影で診断します。
超音波診断:野球肘内側型の骨形態分類(渡辺分類) 超音波診断:野球肘外側型(離断性骨軟骨炎)
予防と治療
肩関節や股関節など、肘関節以外の関節にも問題が生じていることが多く、全身のコンディショニングを調整して肘関節の負担を軽減させることが重要です。痛みを我慢して投球を続けていると障害が悪化し、手術が必要になることもあります。手術には、骨に穴をあける方法、骨を釘のようにして移植する方法、肋軟骨や膝の軟骨を移植する方法などがあります。
テニス肘
症状
ものをつかんで持ち上げる動作やタオルをしぼる動作をすると、肘の外側から前腕にかけて痛みが出現します。多くの場合、安静時の痛みはありません。
原因と病態
中年以降のテニス愛好家に生じやすいのでテニス肘と呼ばれています。一般的には年齢とともに肘の腱がいたんで起こります。病態や原因については十分にはわかっていませんが、主に短橈側手根伸筋という手首を伸ばす筋肉(腱)が肘外側で障害されて生じると考えられています。
診断
肘の外側での圧痛や疼痛を誘発するテストで診断します。補助検査として、超音波検査(図4)、MRI検査を行います。
超音波診断:テニス肘
予防と治療
スポーツや手をよく使う作業をひかえて湿布や外用薬を使用し、手首や指のストレッチを行います。肘の外側にステロイドを注射することや、テニス肘用のバンドを装着することがあります。これらの保存療法が無効な場合には、肘関節鏡視下手術を行うことがあります。

このページの最上部へ